2014年 04月 08日

クロスロード

常連の方々の中に、高校生のお客様がいる。
20名程である。

10名程の高校生達が毎月一度通ってくれていた。
皆、毎日100円貯金をしながらお金を貯めてからの来店と聞いて、
感謝感激しておりウレシクテ仕方ない。

さて、その高校生達に時折、
大学とは、どういうところなのですか?
というような具合の問いを聞かれたことがあったのである。

彼ら彼女らの言う大学という意味合いというものは、
私が経験体験を通して感じた大学というものではあるが、
いつもわくわくと目を輝かせて耳を傾けてくれたのである。

話は変わるが、
2月末にZ会のCMを見たのである。
以前からどのようなCMになるのか気になっていたもので、
私の大好きな新海誠さんが監督をしているCMである。

大学を目指す2人の受験生の話である。
解説には、
塾もない離島から大学進学をめざす女子高生の海帆(みほ)と
アルバイトをしながら受験勉強にはげむ都内在住の男子高生、翔太。
Z会の通信教育を通して、知らない間に人生が交差していく2人の物語。
とある。

背景等とても美しくあった。
色々と思い出したのである。
例えば、
教室に窓から差し込む光が綺麗で、
陰影をくっきりと浮かび上がらせ、
光の中でホコリがキラキラと美しかったこと。
例えば、
受験で開始の合図とともに
問題用紙が一斉に開かれる音のうつくしさや
あのただならぬ気配などを。


カウンターで
デミタスコーヒーやアレンジコーヒーを嗜んでいる彼ら彼女らの中にも
あのCMのような日常を過ごし受験を終えて春を迎えているのだなあと。

CMの中で、クロスロードという言葉が2度でてくる。
作品の名前もクロスロードである。
ああ、なるほど大学というものは、
ある種クロスロードといえるのかもしれないなあ
と思ったのである。

私は、大学の時かけがえのない友達に出会った。
当時、このままこの時間が続くのではとさえ思ったし、
続いてほしいなとも思った。
でも、あたりまえのことだけれど、
ひとつの場所で出会って、
やがて、皆、外のセカイへ飛び立っていく。

やがて、彼ら彼女らも
はじまりというおわり、
おわりというはじまり、
を沢山体験経験していくのだろうなあと思ったのである。

何かの折につけて、
久しぶりです!
お元気ですか?
と足を運んでもらえるお店、
空間や珈琲やひとりの人間としていたいものである。

彼ら彼女らから、
足を運ぶことでしか築くことのできない
信頼関係といものを沢山学ばせてもらった。
本当に有り難いと思っている。

この春、
あの中の何人かが夢をかなえ、
地方のクロスロードを目指して旅立っていった。
嬉しさと共に、なかなか会えなくなるさみしさを想う。

君の新しく住む街の桜はきれいでしたか?



*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。


*当店は、完全予約制になります。
 予約は電話のみになります。
 問合、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。


*COFFEE_TEN_IRUKAYA(珈琲店海豚屋)
 営業時間  14:00~ 24:00
 定休日   毎週水曜日
 
 当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中に海豚屋とは?がありますので、必ずご覧下さい。
 






■  [PR]

# by irukaya-coffeeten | 2014-04-08 02:00 | 理念に関わること | Trackback


< 前のページ      次のページ >