2015年 04月 01日

桜花抄

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。




ある公園のベンチに腰掛けて、桜吹雪にミトレテイタ。
もの思いにふける。

秒速5センチメートル。
ふと、この言葉を思い出した。
何の速さなのか?
散りゆく桜の花弁の落ちる速さだ と、私に教えてくださったのは外国のお客様であった。
新海誠監督作品「秒速5センチメートル」の中でそう表現されていたと教えてくださった。

さてさて、
珈琲を嗜む為に呑む為に、
珈琲を嗜んで頂く為に呑んで頂く為に、
幾度となく抽出を繰り返してきた9年と11ヶ月という歳月がある。
自分のお店を開店する以前からだとすると、
一体全体どれほどの抽出を繰り返してきたのであろうか。
また、人生でこれから先、
どれほどの回数珈琲を淹れることが出来るのであろうか。

桜花というものは1年に1度しか見ることはできない。
人生で桜花を愉しむという機会は必然的に限られてくる。
幼少の頃や若かりし頃というのは、
今現在のような心持ちや姿勢で、
桜花を愉しんでいるわけではなかったわけで、
桜花にまつわる話や記憶というものは、
決して多いわけではなく途切れ途切れである。

当然のコトではあるのだけれど、
桜を珈琲と比較する話でもないが、
考えれば考えるほど想えば想うほど感慨深いのである。

遡ること14、5年前のことになる。
東京都にある御蔵島という島で、
植林ボランティアのスタッフとして関わっていた。
4年の間に6度島に渡って植林に関わっていた。
3年目に御蔵島に渡ったとき、島民のHさんとHさんに呼び出された。
植樹の記念に桜の苗木を2本植えたいから、
清田君が好きな場所に植えてほしいんだ。と言ってくださった。
(私が関わっていた段階では、地中に窒素を固定するために、
 根粒菌のいるオオバヤシャブシをメインに植樹している。
 やがて時間と共に遷移してゆき極相のスダジイ等の常緑樹の森を目指している。)
2箇所にわけて植樹した。
鮮明に植樹した場所を覚えている。
将来道路から見上げた時、
遥か上の方の緑の海の中に、
サクライロが一色みえると綺麗だろうねえ、

島民の方々と将来の話をつまみに夜お酒を呑んだのを覚えている。
次の年御蔵島にて無事桜の根がしっかり活着しているのを確認した。
私の桜花抄のひとつである。

あの崖崩れで何も無かった土地に植樹した樹々達はどうなったのであろうか?
あの御蔵島の桜はどうなったのであろうか?




*当店は、完全予約制になります。
 予約は電話のみになります。
 問合、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 予約に関する詳細は、
 海豚屋とは?と 海豚屋におけるルールとマナーの箇所に記載しています。


*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。


*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。

■  [PR]

# by irukaya-coffeeten | 2015-04-01 01:01 | 日々のたより | Trackback