COFFEE-TEN-IRUKAYA

yubisaki.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 15日

2手舎

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。









2手舎は書籍の買取・販売を行う古書店です。
2手舎の東方くんは、私に本と写真と言葉の素晴らしさを教えてくれた人。
2手舎の東方くんは、お店に月に幾度か足を運んでくれている。
2手舎の東方くんが、はじめてお店に来た日のことはよく覚えている。
2手舎の東方くんが、相談があると言ってきた日もよく覚えている。

2手舎の東方くんの相談は、将来の夢の話だった。
2005年7月頃の話。将来自分の古書店を開業したいという夢の話。
その夢の話について、お店ではなく他の場所で話をしようと提案した私。
どこか行きたいところはある?と聞いた私。

2手舎の東方くんは山登りと答える。そうかという私。
幾度か一緒に山登りに出かけ、登山道や下山後の温泉で語りあう二人。
何か自分の指先から出来る事を具体的にしていこうと話をする二人。

2手舎の東方くんと企画を立ち上げる。青蜥蜴文庫。
珈琲店海豚屋にて月に一度1週間程、青蜥蜴文庫を開催するようになる。
月に一度一人の作家の文庫の古書を展示販売。
自分の読んだ事のある本のみの販売とした青蜥蜴文庫。
作家と本の良さを伝えるため毎回小さな冊子を用意してお客様に配布。
席の背後の床に一人の作家の文庫がずらっと並ぶのは圧巻でした。

2手舎の東方くんは、その後吉祥寺の古本屋に就職するため青蜥蜴文庫を閉める。
その古本屋でやがて店長になり、約5年勤め退職してその後2手舎を設立する。

2手舎の東方くんとの会話や紹介してくれる本から、
私は言葉にできなかった言葉を言語化できるようになってゆきました。
谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃』は、お店にかなりの影響を与えたと思う。


2手舎の東方くんはカウンターで静かに、
デミタスコーヒーとスコッチウイスキーを嗜みながら、
いつも本や写真の愉しい話をしてくれる。

毎回本ってやっぱりいいなと再確認します。
雨の季節、本を読みながら過ごす時間もお勧めです。
おとなりに珈琲があればなおさらです。

2手舎/二手舎( nitesha)













*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2013-06-15 03:31 | 理念に関わること | Trackback
トラックバックURL : http://yubisaki.exblog.jp/tb/20396685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 裏庭      言の葉 >>