COFFEE-TEN-IRUKAYA

yubisaki.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 11日

モカに始まりモカに還る

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。










30Kの半熱風式の焙煎機。
8Kの直火式の焙煎機。

唐突な話ではありますが、
福岡のとある会社にて、
珈琲の焙煎人として仕事をしていた時の私の用いていた焙煎機になります。
日々幾度も幾度となく幾時間もともにあった焙煎機でした。
日々コーヒーに囲まれた日常でした。

26、27歳頃のことになるのでしょうか、
ソノ頃、福岡でよく足を運んでいました珈琲店が2つありました。
ソノ1つに焙煎に携わるようになり、さらに幾度も通うようになりました。

ソノお店のマスターは、
時間が経過するとともに、
色々なコトをお話してくださるようになりました。
焙煎のコトもソウですが、抽出のコトも色々とお話をしてくださりました。
東京にいざ上京するコトをお話した時に、
青山ノ大坊珈琲店に沢山幾度も足を運ばれてはどうかというお話をしてくださったのも、
ソノお店のマスターでした。

私が自分のお店を開店してから6年間程になるでしょうか、
帽子を着用しておりました。同じ帽子を毎日毎日。
ソノお店のマスターへの敬意と憧れからでした。
(同じ帽子を幾つお持ちになられているのですか?
 これでもかというくらい質問され続ける日々でした。
 同じ帽子は4つありました。         笑 )

私はソノ店で綴られていた以下の言葉をこよなく愛しています。
始め点滴 蒸らしが要 エキスを出したら へそからのの字 泡ぶた落とさず濾せば 美美。

数多く学ばせていただいたコト全て、誠に有り難いコトです。
珈琲美美の森光さん、ありがとうございました。
哀悼の意を表します。






























[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-12-11 05:55 | 理念に関わること | Trackback
トラックバックURL : http://yubisaki.exblog.jp/tb/26245543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 年の瀬      2016年12月〜2017年1... >>