2017年 02月 01日

週刊少年ジャンプ 的ノ継続

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。






週刊少年ジャンプを、
継続して数十年購入している。

何故ゆえに購入し続けているのですか???
とは、
よくお店のカウンターにて、
お客様から聞かれる問いである。

RADWIMPSの週刊少年ジャンプのMVを、
幾度も幾度も見ながら聞きながら、
ソノ問いの答えになるモノコトを、
考えに考えている。考えてみる。
ソウイウ夜の底の頃合いである。

何処の誰かが言っていたのか?書いていたのか?
もう定かではないのだけれども、
毎週毎週、
幾つもの沢山の本気にフレル為に、フレル事が出来るカラ、
という言葉は、
ああそうなのかもしれないと、
もの凄く腑に落ちたのを覚えている。

中学高校生の頃のことですが、
学校のクラスの皆ひとりひとり、
10円づつ出し合って集めて、
ジャンプ等購入してきて、
教室の後ろにあるロッカーの上に常備していた。

ソノ為に先生達にプレゼンを必死にして、
幾度も幾度も幾度も交渉したコトを、
思い出し懐かしく想い思うのです。
何事にも本気だったあの頃の事ヲ。


週刊少年ジャンプ的な未来を夢みていた
あの頃の少年の自分が、
歌詞の中にあるように、
最前列で君のことをミテイル、
私もソウ想うのです。

あの頃の少年の自分や20歳中頃の自分が、
今現在の私のソノ時々にミテイテ、
ソノ時々でも、
私のファンで在り続けてくれるような
生き方を歩んでゆきたいと想うのです、
夢をみるのです。






当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。


[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-02-01 05:55 | 日々のたより | Trackback
トラックバックURL : http://yubisaki.exblog.jp/tb/26384580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 六野さん      1番だし >>