COFFEE-TEN-IRUKAYA

yubisaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:理念に関わること( 62 )


2017年 08月 22日

GIFT

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。







20歳後半の小学校の教諭をされているお客様から贈り物を頂く。
ギフトのつつみをはずしてゆきほどいてゆく時、
小さな小さな配慮 心くばりに幾つかきづく。
ギフトそのものにも心くばりが施されているのがわかり、
心がものすごくものすごくじわっと温かくなるのもわかる。

お客様の配慮が在り購入されたお店に頼まれたのであるのか、
購入されたお店全体の常日頃の心くばりであるのか、
購入された従業員個人の常日頃の心くばりであるのか、
定かではなくわからないのだけれど、
兎も角ウレシクテ仕方がないのです。

心くばりを心の奥底から心ヲ込めて(慮ったフリではなく)する
お店や企業は多いわけではない。
コウイウ企業努力といいましょうか、
素晴らしいと想いますし、誠に有り難いのです。

粗悪な物ヲ、こんなもんでいいでしょとばかり、
仕方ない仕方ないと諦念ヲ押しつけるカタチで商いヲするお店企業も多く、
コレラとは大違いである。

ギフトの送り手と素晴らしいお店の心くばりを通ってきたこのギフトを、
大切に大事にしてゆこうと心に奥深く誓うことができる。
ソウ想うと、人と人との間をツナグ仕事というモノコトを真剣に考え想うのです。

決して心ヲ手ヲ抜いてはいけないと私は想うのです。私は。
喜んでいただけよう心ヲ込める仕事と
こんなもんでいいでしょ、こんなもんで何がわるいのという心無い仕事。
良い悪いではなく、
私はきちんとどちらかを決断選択してゆきたいと切に想います。
私は前者を目指し続けたいです。
良い悪いではなく、私は後者が苦手で大嫌いです。
心無い仕事のモノコトからできうるかぎり距離を置きたいと願う人間であります。

モノを通して関わった人々の心が気持ちが伝わる。
常日頃心に留めておきたいとも切に想います。










当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等の電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。


[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-08-22 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2017年 08月 09日

怒り ソノ1

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。





20歳後半である常連のお客様と会話をしている時、
最近見たおすすめの日本映画の話題になり、
李相日監督の「怒り」を提案してみたのである。

お客様が後日来店してくださり、
映画「怒り」の感想等、色々とお話をしてくださいました。
お店からお帰りになる時に、
映画「怒り」のオリジナル サウンドトラックを、
プレゼントしてくださいました。

ソノCDの中に、
監督の李相日さんと音楽 坂本龍一さんのコメントがある。
言葉を次へと次へと読んでいるといつの間にか呑み込まれる。
映画をミテイテ俳優さん達の本気 姿勢 情熱ヲ感じ呑み込まれた時の如く、
記載してある言葉の如く、
監督 李相日さんと音楽 坂本龍一さんの姿勢、剥き出しのソノ情熱に。


以下コメント文記載

ーーーーーーーーーー
坂本龍一
李相日さんと初めて仕事をした。
事前の噂では大変に難しい人だという。
実際に仕事をしてみると、
なるほど、しつこく、粘り強く、こちらにさまざまな要求をしてくる。
しかし、
それは、
「もっとよい方法があるのではないか」
「もっとよくなるのではないか」
という李さんの作品へのこだわりからくるものであり、
モノを作る人間ならば当然の要求であって、
逆に、
それがないのがおかしいと言わざるを得ない。
「怒り」は、
日本映画としては珍しくエンターテイメントに流されず、
骨太でパワフルな映画になったと思います。

李相日
「怒り」・・・これは誰の目にも見えるわけではない。
けど、間違いなく誰の側にもあるもの。
そんな雲をも掴み取ってしまうような鋭い感性が坂本さんには存在する。
映像から受けた刺激と、
僕のゴタクに忍耐強く耳を傾け、
ミリ単位に及ぶ繊細で壮大なサウンドが生み出される。
登場人物たちは多様な顔を見せ始め、
シーンは様々な解釈を生じさせていく。
もっと深く、もっと濃密に・・・
思えば、“坂本龍一”という名の大きさに呑みまれぬように自分を叱咤していた。
気付けば、呑まれたのは、「怒り」に臨む坂本さんの姿勢。剥き出しの、その情熱に。

ーーーーーーーーー


モノを創る人間として同じように色々と感じ想うコトがある。
ソレラヲ大事に大切にしてゆきたい。
今後の人生に於いてソレラヲ大事に大切にしている人々に会いたい、
ソレラヲ大事に大切にしている人々との時間を優先してゆきたい、
ソウ切実に想うコノ頃です。


素敵な素敵な贈り物を有り難うございます。











当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等の電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。


[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-08-09 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2017年 04月 26日

シュタク

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。







電卓ヲ叩くカタカタという音色を聞き、
時折ウタを口遊み、
時折ウイスキーを嗜む。
カウンターの手沢(シュタク)を見る。
12年間ヲ想い、ウイスキーを嗜む。
定休日の前日のお店でのコトである。


12周年を迎えるにあたり、
ふたたび、
12年間の色々な数字数値の集計等をしている。


常日頃、徹底的に、
色々な数値を出し確認はしているのですが、
様々な数字として再確認して、
私自身の字デ、
恰好良い大好きな鉛筆で書き出して、
丁寧に、きちんと、しっくりと認識したかったのです。


12年という間に、
お店に足を運んでくださった
お客様の合計人数をミル。



幾度も幾度も1時間程も、
文章を書き直したり書き足したり消したりするのですが、
私の心模様ヲ言い表すコトができなくて、
コノ先の文章が書き進められない。全く進まない。


コノ12年間のカウンターの手沢(シュタク)の移り変わりと連想して、
コノ12年間の様々な事柄ヲ想うと、感謝しかありません。
心の底カラ、ありがとうございます。ヲ言いたい。伝えたいです。












当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。






[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-04-26 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2017年 04月 21日

CRAZY JOURNEY

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。








CRAZY JOURNEY(クレイジージャーニー)というTV番組があります。
HPに、以下のような説明がある。

独自の視点目線、強いこだわりヲ持って、
世界&日本ヲ巡る CRAZY JOURNEY 達が、
スタジオに集結して、
ソノ人だから話せる、ソノ人しか知らない、
常人離れした体験、ソノ特異な体験を語る、
伝聞型紀行バラエティ。
松本人志&設楽統&小池栄子 VS クレイジージャーニー。

もう本当に毎回毎回たのしみにしているわけですが、
前回放送での次回予告が、
ウイスキーに関する内容であったので、
CRAZY JOURNEY は誰なのだろうか?と、
わくわく、わくわく、していた次第です。

相も変わらず夜の底の頃合いに、
お店での仕事を終えて、
ものすごい勢いで歩きまして、
家に帰りつきまして、
すぐに拝見したのであります。

CRAZY JOURNEY として酒屋店主の栗林さんが出演されていて、
ああっうううう!
なるほど!
世界を代表する CRAZY JOURNEY たい!
と納得したわけです。

栗林さんは、番組で酒屋店主と書いてありますが、
私のお店にある幾つものウイスキーを購入させていただいたり、
ウイスキーだけでなく色々なお酒について学びにいったりしている、
酒屋さんでもあります。目白駅のすぐぞばにあります。

番組の中で、
栗林さんは、
ウイスキーは時間を呑む飲み物。
ウイスキーは時間が生み出す個性。
と言っていましたが、素敵で良いぐうっとくる言葉です。

ウイスキーに感謝しかない。とも、言っていましたが、
私も常日頃ソウ思い想いながら過ごしてきたわけです。
私のお店のHPに、
スコッチウイスキーの如き珈琲ヲ、
スコッチウイスキーに合う珈琲ヲ、
抽出提供するコトに人生をかけている、
と明記して旗ヲかかげて歩み続けてきました。
デミタスコーヒー専門で挑戦して勝負してこれました。
本当にウイスキーのおかげです。
ウイスキーに感謝しかないです。

2017年4月29日、お店は12周年を迎えるのですが、
いよいよ、
ようやく、
ウイスキーのセカイでいう
スタンダードの12年というコトになりますでしょうか。

10周年の時より私個人としましては、
12周年の方が感慨深いのであります。
ウイスキーに憧れ続けていましたので、
12年を迎えるまではせめてと、
歯をくいしばりながら、
わくわくしながら、
愉しみながら、
ウタを口遊みながら、
時間が経過してきたわけです。

スタンダードを用意準備するのに、
12年程かかるウイスキーのセカイに驚嘆します。

ウイスキーの如く移りゆく時間と共に、
奥深く良い あじわい、妖艶さ、個性 を醸し出す、
お店やコーヒーや人間でありたいと、
切実に思い想うわけであります。
前例の無い形態のお店ではありますが、
沢山の試行錯誤や失敗を糧にしながら、
私も CRAZY JOURNEY でもありたいなあと思い想います。

さあ、いよいよです。
12年が経過し、序章が終わりを告げます。
遂にソノ時がきたわけです。
こっからが本当のスタートです。
わくわくしています。
さてさて、何章まで生き抜くコトができるのだろう。










当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。







[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-04-21 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2017年 04月 02日

第242話

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。





お店にて、お客様とある事柄にて打ち合わせをしている最中、
確認するべき事柄が、幾つか浮上してきまして、
ほんの少しお待ちくださいと奥にゆきまして、
2冊のノートを取り出して戻ってくる。
話をふたたびしはじめる。
1冊は私の横に置きつつ、
1冊を開いて見て確認しつつ会話をしてゆく。


お客様が、あたふたされており、
どうされたのかな?と思っていますと、

ソノ前に、ひとつ聞きたいコトがありますと。
チャンスは?と言われて、何ですか?と聞かれました。


私は、何を聞かれているのか、さっぱりわからず、
途方に暮れていますと、
お客様はケタケタとわらいだしました。
清田さんの真横にあるノートは何ですか?と。


お客様の指先がゆびさす先にあるノートを見て、
私が今度はあたふたとしてしまいます。
ああっ、コノコトかあっと。
お客様にコノコトにつきまして少しの説明をする。


週刊少年ジャンプが大好きで毎週購入しているコト。
ハイキュー!!という漫画が大好きなコト。
等々。
時折、ハイキュー!!で、
心の琴線にふれたり衝動を受けたりしたシーン(言の葉とイラスト)を、
切り取りノートの表紙に貼ったりしているコト。
今回の切り貼りは、第242話 繋がれるチャンス のワンシーンだというコト。


お客様は、わくわくされていて聞いてきました。
何かうずうずされてもいて、指先をノートの言葉に移動させてゆく。
お客様の指先にあるイラストと「チャンスは」という言葉がある。
コノ言葉の先を知りたくて仕方ないのです。
コノ言葉の先が裏に続いているのですよね?
表紙をひっくり返して裏側を見たいのです。
ひっくり返していいでしょうか?


ソコデ私は漸くお客様が続きの言葉が知りたくてうずうずされているのだと。
裏になったノートにあるイラストと綴られている言葉を読み込んだお客様が、
うむおっううううおおおおっととても小さく唸り、暫く沈黙する。




「準備された心に降り立つ」





お店の根幹の1つでもある掃除もそうであるが、
何事に於いても準備が大事大切で、
日々丁寧に真摯に向き合って、
積み重ねてゆきたいと切に想うのです。












当店は、完全予約制+完全紹介制です。
 予約は、電話のみになります。
 問い合わせ、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。








[PR]

by irukaya-coffeeten | 2017-04-02 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2016年 12月 31日

+完全紹介制へ移行致しました

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。

 


2016年2月に完全予約制+紹介制へ移行しました。
周知徹底させていただく為に、
この投稿を、
2016年12月31日の日付にて投稿させていただいています。





COFFEE_TEN_IRUKAYA は、
完全予約制+紹介制へのお店へと変更させて頂きました。

信頼出来る人からの紹介制とさせていただきました。

紹介制への変更は敷居を高くするというような意味ではありません。
当店とお客様が最も良い関係でいられるための仕組み、
常連のお客様やお店を御愛顧してくださるお客様が
築き育ててくださったお店の雰囲気を守る仕組みになります。


新規の予約に関しまして、紹介のない方の予約は承ることはできません。

紹介者がおり紹介があれば、必ず予約できるという意味ではありません。

当店に来たことがある=紹介者ということでもありません。

当店に於いて信頼できる方々からの紹介であり、
きちんとしたお店の紹介やお店の愉しみ方等の紹介説明が
しっかりされている場合のみとなります。

紹介者と紹介される方との間柄も、きちんとした信頼関係がある場合のみになります。
予約の際、紹介者と予約者のお名前をフルネームで頂戴しております。
また、紹介された方が、御予約される前、
事前に紹介者の方より当店に連絡を必ず頂いております。
事前に紹介者の方より当店に連絡を頂けていない場合は、予約をお断り致します。
何卒、ご理解ご協力宜しくお願い致します。


以上の事柄をきちんとしてくださる方のみの御案内になります。

何卒、宜しくお願い致します。






当店は、完全予約制+紹介制です。
 予約は電話のみになります。
 問合、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 
*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。




*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+紹介制の当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある
 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。


[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-12-31 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2016年 12月 11日

モカに始まりモカに還る

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。










30Kの半熱風式の焙煎機。
8Kの直火式の焙煎機。

唐突な話ではありますが、
福岡のとある会社にて、
珈琲の焙煎人として仕事をしていた時の私の用いていた焙煎機になります。
日々幾度も幾度となく幾時間もともにあった焙煎機でした。
日々コーヒーに囲まれた日常でした。

26、27歳頃のことになるのでしょうか、
ソノ頃、福岡でよく足を運んでいました珈琲店が2つありました。
ソノ1つに焙煎に携わるようになり、さらに幾度も通うようになりました。

ソノお店のマスターは、
時間が経過するとともに、
色々なコトをお話してくださるようになりました。
焙煎のコトもソウですが、抽出のコトも色々とお話をしてくださりました。
東京にいざ上京するコトをお話した時に、
青山ノ大坊珈琲店に沢山幾度も足を運ばれてはどうかというお話をしてくださったのも、
ソノお店のマスターでした。

私が自分のお店を開店してから6年間程になるでしょうか、
帽子を着用しておりました。同じ帽子を毎日毎日。
ソノお店のマスターへの敬意と憧れからでした。
(同じ帽子を幾つお持ちになられているのですか?
 これでもかというくらい質問され続ける日々でした。
 同じ帽子は4つありました。         笑 )

私はソノ店で綴られていた以下の言葉をこよなく愛しています。
始め点滴 蒸らしが要 エキスを出したら へそからのの字 泡ぶた落とさず濾せば 美美。

数多く学ばせていただいたコト全て、誠に有り難いコトです。
珈琲美美の森光さん、ありがとうございました。
哀悼の意を表します。






























[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-12-11 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2016年 07月 06日

姿勢

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。









幾度となく多く聞かれるコトがあります、お客様カラ。
私の恩師である
C.W.ニコルさんや
大坊珈琲店の大坊勝次さんカラ
学ばれたコトは何ですか?

色々と話きれないくらい書ききれないくらいあります。
先日、若い年齢のお客様に聞かれたときに、
唐突に、思い出したコトがありました。

何事に於いても、
深く理解するコト(深く理解しようとする姿勢)の
大切さ大事さを学びました。
話をしている内容を理解する(理解しようとする)だけでなく、
何故其の話をするのか、という本当の理由(本質)を、
理解しようとするコト(理解しようとする姿勢)を学びました。

再び、自分が噛みしめたいコトを再確認するコトができました。
お客様との会話は、本当に何時も有り難いコトです。
ありがとうございます。





























[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-07-06 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2016年 05月 11日

おいしく

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。









おいしいコーヒーについて色々と質問を頂く。
おいしいコーヒーを抽出する。
例えを料理にしてみる。
おいしい料理を創る。
おいしい料理を創るという感覚やニュアンスとは、何かが違うような気がする。
私個人の話ですが。

心と力を尽くしてくださる、
生産者、焙煎人、関係者、の方々のおかげで、
手元に届いた素材を、どんな状況であれ、おいしく料理を創ろうとする感覚、
あるいは、おいしく料理を創ろうとする姿勢を大切にしています。
結果、美味しい料理とならないといけませんが、プロである以上。

順番といいましょうか、
順序といいましょうか、
ソレラガ違うのです。
一緒ではないと想っています。

おいしく料理を創ろうと、常に心掛けていきたいと、日々想うのです。
ソウ想わせていただけるお客様や関係者の方々に感謝しています。
誠にありがとうございます。


























[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-05-11 05:55 | 理念に関わること | Trackback
2016年 03月 16日

おもてなし

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制+完全紹介制である当店の情報の詳細は、
 公式ウェブサイトの中にある

 海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所と、
 再度 新規のお客様の御予約についての箇所と
 +完全紹介制へ移行致しましたの箇所に記載してあります。
 必ず4項目各々ご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。












星野リゾート代表取締役社長の
星野佳路氏に、
常日頃から興味津々な私である。

書籍等色々と勉強させて頂いている。

古典的な教科書の大切さや大事さには感銘を受ける。
特にコトラーの理論は衝撃的で
私のお店の経営の根幹に置くきっかけとなる。
大学時代に歴史学科ということもあり、
ひとつのことを徹底的に深く掘り下げていくことは、
得意中の得意としているので、
コトラーの理論を徹底的に学んだ。
経営とは別におもてなしについても徹底的に学んでいる。

星野佳路氏の考える おもてなし は興味深い。
以下にまとめたものを記載してみた。



西洋のホテルと日本の旅館のサービスの決定的違いが、
おもてなしをちゃんと説明していると考えている。
西洋のホテルのサービスというのは、
良いサービスとはなんなのかというと、
顧客の要望に早く正確にこたえること。

ところが、
日本の旅館には、
顧客の要望に早く正確にこたえること以上に、
私達側がお客様に、
どうしても伝えなければいけない
メッセージを持っている。

顧客に要望があろうがなかろうが関係なく、 
私達はお客様に、
こういう過ごし方をしてほしい、
こういう体験をしてほしい、
こういうものをぜひ召し上がってほしい、
というメッセージ性を強く持っている

というのが大きな違い。

日本人自身がおもてなしって、
なんなのかわかんないとこがある。

西洋と日本のサービスは、顧客と私達との関係性が違う。
西洋のホテルの場合、顧客と関係性が上下関係。

日本のおもてなしは、
千利休の時からはじまっていて、
主客が対等。
宿とお客様が対等の関係性になっていて、
宿側に、
そのかわり高い文化度 技術 知識 等を、
高く要求期待されている。
対等の関係性にあるというのが日本のおもてなしの特徴。



東京オリンピックにむけて、
おもてなしがなんなのか、
お店側もお客側も私自身も、
真剣に考える時間を創った方がよいと感じている。
だいぶん、はき違えているし、勘違いしているコトが多いのではないか。

当店に問い合わせをしてくる
モンスターの如く失礼なお客も、
気は確かか!?と肩をゆさぶりたくなるホテルのコンシェルジュの方々も。

2020年、色々とあるのだろうけれど、
分野によっては、チャンスなのではないかと、
変わる、変化のチャンスなんじゃないかと。






















[PR]

by irukaya-coffeeten | 2016-03-16 05:55 | 理念に関わること | Trackback