COFFEE-TEN-IRUKAYA

yubisaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 20日

夕映


定休日の黄昏時を大切にしている。
夕刻、空を見上げる休日を2年間過ごしている。

吉祥寺にお店を移転して2年。
吉祥寺のお店は、半地下の全く窓のない空間で、
昼下がりでもBARのように店内は暗くしている。
それゆえ、定休日には夕日を見たくなる。

台風があけた今日の夕焼け空 夕焼け雲は、鮮やかで大変綺麗でした。

夕日に反映して空、雲、街が照りかがやいていく。
夕日が沈んで行き、空や雲、街を染めてゆく暮色の風情を、あるビルの屋上から眺めました。
夕日や夜空を見上げる時間を大切にした日々を送りたいと思います。

夕日や月を見ながら珈琲を飲んで頂けたらと思い、お店にはある仕掛けをしています。
年に数回ですが、お客様からこれはお月さんですか?と聞かれて、嬉しく思います。


ぜひ、みなさまも時折空を見上げてみてはいかがでしょうか。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-06-20 23:00 | 日々のたより | Trackback
2012年 06月 11日

サンクチュアリ

自分の心の中に、
簡単には崩れることのない

サンクチュアリを

持ち備えている人を、
私はカッコイイと思う。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-06-11 00:00 | 理念に関わること | Trackback
2012年 06月 10日

献立帳

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。


この珈琲店のプリンジプルの源泉となっている
貴方にとって大切な大事な本はありますか?と、
海外から来店されたお客様に問われた。

私の根幹となっている本のひとつは以下である。

献立帳 
著者  辻留 辻嘉一
発行所 三月書房


私が生まれる前の昭和40年代の書物である。
おそらく著者御本人にいただいたのではないだろうかと
思うにいたった箇所が最後の方にある。
常連さんにいただいた大切な本である。


美味は小店に というタイトルの文章が、
私の理想の珈琲店のひとつの形が記してある。

美味は愛情によってうまれるーということを、
眼のあたり見せてくれるコーヒー専門のお店が、

という文章からはじまる。


素敵な表現が多く心の琴線にふれる。
いくつか以下に抜き出してみる。

滴、滴で、幽玄境に遊ぶが如き手前ぶり。

ムクムクと泡を吹き出し、生命あるもののように、
ぐ、ぐ、ぐうっと倍量近くにもふくれ上がる。

エッセンスだけが沪過され、重くなった漉し袋の底から、
琥珀色と化したエキスが、つうーと茶碗の中へ落ちて行く。
見事であり、美しい色調である。

料理人もこの意気でうまいものを作り、
お客様へ真心を捧げることによって、
自分自身も楽しむものだ..............と、
料理作りの理想を語りながら、
一すすり、二すすり 呑むのではなく噛みしめるのである。
実にうまい、おいしいと心に響く味である。



この文章の珈琲店とは、銀座ランブルのことである。
私はこのお店のデミタス珈琲を嗜んだときの衝動衝撃はわすれられない。
また、
このお店のカウンターでデミタス珈琲を嗜んでいる
年配の方々の振舞い、仕草もわすれられないのでる。
とにかく品位というものを感じたし かっこいいのである。


話を戻すと、
献立帳は私のバイブルのひとつといっていいものです。
心構えだけでなく、ブレンドコーヒーの基本的な考え方もこの本からでした。

ブレンドコーヒーの当店の基本は、
ウイスキーと醤油にありますが、
この話は またの機会にお話させていただきます。
待ちきれぬ方は、どうぞお店でお聞きください。

では、雨の多い季節となりましたが、
当店のカウンター越しに珈琲を噛みしめながら、
色々なお話をいたしましょう。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-06-10 00:00 | 日々のたより | Trackback
2012年 06月 09日

アレンジ珈琲①

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。



当店にスイーツはありません。

何故、今スイーツを提供していないのか?
といいますと、
アレンジコーヒーの存在があるからです。

当店のアレンジ珈琲は、
イタリアのドルチェや日本の和菓子をテーマにしています。
BARのカクテルもテーマとしています。

デミタス珈琲とアレンジ珈琲の組み合わせを
愉しんでいただけたらと思っています。

当店では
デミタス珈琲のあとにアレンジ珈琲を
オーダーされる方が多いですが、

色々な2杯の組み合わせを
愉しめるお店だと思って頂き
御利用していただければ幸いです。


*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-06-09 00:00 | 日々のたより | Trackback
2012年 06月 03日

店の外観②

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。



今回は外観のイメージについて。

スコッチウイスキーのようなデミタスコーヒー。
お店のコンセプトのひとつである。

私は、デミタスコーヒーが大好き。
私は、スコッチウイスキーが大好き。
そして、
濃厚なデミタスコーヒーを嗜んだあとに、
スコッチウイスキーを合わせるのが大好きである。

デミタスコーヒーとスコッチウイスキーの組み合わせは奥深い。


外観を決める時のイメージは、
スコッチウイスキーの蒸留所でした。

グレンエルギン蒸留所の外観の写真を見た時に、
これだというインスピレーションをうけたので、
設計士の藤田君に写真を見せてお願いをした。

海外の異国の白壁の蒸留所の中に入ると、
そこには和の空間が広がるということにした。

そこで、そのつながりの存在の扉が重要になり、
西洋の木の扉を参考にしながら、
扉の取手は和箪笥の金具を使った。


次回は、外観のコンセプトについて。




*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-06-03 00:00 | 日々のたより | Trackback