COFFEE-TEN-IRUKAYA

yubisaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 26日

待ち望んだ20年間

お店でお客様によく聞かれる質問がある。
そのひとつはデミタス珈琲の種類について。

南米エクアドル INTAG主体のブレンドが
3種類しかないことについてである。

何故3種類なのですか?と。





私が広島出身だからです。
戦国大名毛利元就の「三本の矢」の故事は有名な話です。

サンフレッチェです。
サッカーのサンフレッチェ広島です。

チーム名のサンは日本語の三、
フレッチェはイタリア語で矢の複数形を意味しています。
チームカラーは、紫(青紫、VIOLET)。

デミタス珈琲の3種類の色のテーマは紫。
カップの縁が
赤紫
黒紫
青紫
の3種類の色になるような
ウイスキーの如きデミタス珈琲を目指しています。


高校生のときより待ち望んだ20年間でした。
J1初制覇。
ウレシクテ泣きました。


1992年のビンテージが無かったので、
1993年グレンキースで祝杯をあげました。






c0209954_4332639.jpg
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-11-26 04:35 | 日々のたより | Trackback
2012年 11月 21日

東京駅

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。




c0209954_4325830.jpg








c0209954_4333180.jpg








先日、父親と東京駅へ行った。
今も 昔も 憧れの場所。
終点が、東京駅の路線に住むのが夢だった。
中央線の先頭車の車窓を眺め、
列車が東京駅にはいっていく風景がすき。

c0209954_4335082.jpg
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-11-21 02:32 | 日々のたより | Trackback
2012年 11月 13日

とんぼ

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。



c0209954_2591496.jpg









めっきり夜は寒くなりました。
今年もお世話になることになりました。
写真は湯たんぽのカバーです。
いやあ暖まりますな。
布団の中足で湯たんぽをはさみ、
小説を読んでいますと、うとうととしはじめます。
最近は、宮部みゆきさんの小説です。




*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してください。
 熟読理解されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-11-13 03:00 | 日々のたより | Trackback
2012年 11月 08日

ポテチ

パリッと、カリッと。
映画の旨さを68分のなかに
ギュッと詰め込みました。

映画「ポテチ」より。




以前、伊坂幸太郎の小説が好きであると言いました。
特に、中短編集「フィッシュストーリー」のなかの
中編「ポテチ」が大のお気に入りでした。

今年の5月、
私の大好きな俳優濱田岳さんの主演で映画化されていたのですが、
本日、ようやくようやく映画ポテチを見ることができました。


グウッと きました。
よかです。

ちなみに私はしお味が好きです。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-11-08 01:32 | 日々のたより | Trackback
2012年 11月 07日

せとうち

「瀬戸内ひろしま、宝しま。」
広島のブランドキーワードだそうです。

私の原風景は、やはり、瀬戸内の海と島々の織り成す景色である。

先日、映画「ももへの手紙」を見ました。
冒頭のシーンで、フェリーが登場するのですが、
フェリーの航行区間が、三原ー汐島となっています。

三原は私が生まれた街になります。(広島市が私が育った街になります)
広島の三原には筆影山という山があります。
よく祖父が連れて行ってくれたのを思い出します。
筆影山からの瀬戸内の風景は、今も色褪せるコトはありません。

天気のよい日は、四国が見えました。
海をスナメリが泳ぐのが見えました。

三原から広島へと移り住みましたが、
やはり、
鈴が峰山から見える、
小学校の校舎から見える、
小学校の中にある龍神山から見える、
瀬戸内の風景は絶景でした。

皆様も、機会がありましたら、
是非、瀬戸内ひろしま、宝しまへ。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2012-11-07 01:21 | 日々のたより | Trackback