<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 29日

10年目の雲。

*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。





2006年6月29日の日記を読み返した。
以下の文章が記載してある。


雲。

昨日、 空を見上げると、
雲が、 すーと 視界に入ってきた。
とてもとても素敵な雲である。

その雲の近くに行きたくて行きたくて
小さな旅にでる。

東小金井駅。
オレンジ一色の中央線に乗り込むのである。
途中雲のある方角を確認してみる。
立川駅で青梅線に乗り換えてみる。

ガタンゴトン。
ガタンゴトン。
と青梅駅。

駅前のロータリーからほんの少しの距離を歩いていると、
その素敵な雲に辿り着くことができたのです。

その雲はですね、
ねじまき雲(ねじまきぐも)というね
雲だったんです。

珈琲店ねじまき雲。
あまりに、よか空間、美味しい珈琲、すてきなマスター。

だから、
皆様方にも ねじまき雲をおすそわけ と思いまして。
ぜひぜひ、ねじまき雲へ。

http://nejimakigumo.bitter.jp/





先日、当店の焙煎をしてくださっている長沼君と話をしました。
9周年を迎えられたという報告とご挨拶を頂きました。
珈琲店ねじまき雲が9周年を迎え10年目に突入したのです。

二人で、この10年の歳月を思い出し思い返し話を沢山しました。

当店が開店した2005年すぐのことだったと思いますが、
長沼さんが偶然お店の前を通りがかった際来店してくださいました。
後日メールも頂きまして温かい言葉をくださったこともあり、当時のコトは鮮明に覚えています。
メールは凄くウレシカッタですから、プリントアウトして今現在も大切にしています。

長沼君が、
珈琲店ねじまき雲を開店するという報告を聞きまして、
さっそく青梅に出かけたときのことも思い出します。
そのとき嗜んだモカが忘れられなくて惚れ込んでしまいまして、
何度も幾度も、当店で使うモカを焙煎してほしいとお願いしました。
相当シツコカッタのではないでしょうか(笑)

本当に懐かしいです。
もう10年という歳月のお付き合いということになります。
当時、当店は完全予約制ではなかったこととか、
中央線も高架でなかったですし、車輛も変更される前でした。
この10年で随分と変わってきたものですね。

二人ともお店を移転していますしね。
私は新小金井から吉祥寺へと。
ねじまき雲さんは青梅から国分寺へと移転され、
ねじまき雲(陽)国分寺と
ねじまき雲(陰)青梅 と
両方にてお店を展開されています。

ねじまき雲さんの公式ウェブサイトには、
2012年より
ねじまき雲(陰)青梅を焙煎抽出研究の場とし、
ねじまき雲(陽)国分寺を珈琲提供プラスアルファの場とし、
そのふたつでひとつとしております。
と記載されています。

詳細は、珈琲店ねじまき雲の公式ウェブサイトを確認してください。
当店と同じようにしっかりと熟読理解してからお店に足を運んでください。

宜しくお願い致します。

珈琲店ねじまき雲


長沼君と色々な話をして電話をきった後、
ふとなにげに日記を読み返してみたくなりました。
そうしてこの日記をみつけるに至りました。

珈琲店ねじまき雲。9周年おめでとうございます。





*当店は、完全予約制になります。
 予約は電話のみになります。
 問合、予約等のお電話は、営業日の14時〜23時の間のみ承ります。
 定休日は水曜日です。
 お間違えのなきよう、何卒宜しくお願い致します。
 予約に関する詳細は、
 海豚屋とは? と
 海豚屋におけるルールとマナーの箇所に記載しています。


*2013年8月1日より
 新規のお客様の御予約に限り、
 予約希望日の前日まで
 御予約のみとさせていただくことになりました。
 出来る限り前もって、ご連絡くださるようお願い致します。
 前日予約ということではありません。
 新規のお客様の当日の御予約はできませんので、
 お間違いのなきよう宜しくお願い致します。
 詳しくは、
 再度 新規のお客様の御予約についてをお読みください。



*COFFEE_TEN_IRUKAYA ( 珈琲店海豚屋 )
 営業時間14:00~ 24:00  定休日毎週水曜日
 
 完全予約制の当店の情報の詳細は、
 カテゴリの中の海豚屋とはの箇所と、
 海豚屋におけるマナーとルールの箇所に記載してあります。
 必ずご覧になり熟読してご理解ご承知ください。
 事前に 熟読 理解 承知 されていない方の御案内は出来ません。
[PR]

by irukaya-coffeeten | 2015-06-29 01:11 | 日々のたより | Trackback